• このエントリーをはてなブックマークに追加

アパート投資における物件選びについて

デフレの状況が続く現在将来の生活不安は大きなものがあります。その為に将来年金生活に入っても毎月の生活が継続できる足しになる方法を模索している人も多いものです。そういう不動産投資のセミナーもこれまでに各地で開かれて来ています。ただコインパーキングとか平面駐車場、立体駐車場といっても立地環境や競合状態で難しい面を持っています。
ワンルームマンションは少子高齢化とか人口減少でますます立地条件が限られて来ていますし、1棟マンションも初期投資の資金が多くかかります。
不動産でアパートの投資は敷地の面積もそう多く必要としませんし、建設資金もマンションに比較してそう多くはかかりません。
しかしこれを始めるにもリスクも伴いますのでこの際には物件選びも大切になって来ます。ではアパート投資の物件選びでは何がポイントになって来るのかを考えてみたいと思います。

アパート投資の経年劣化については

不動産は購入しても1年ごとに経年劣化をして行くものです。新築アパートも1年を経過すると中古扱いになります。そして外壁は勿論、内装、特に設備機器は老朽化して行きます。従って故障が起きるとそれに対応しなければならず、一定の時期が来るとリフォームを行う必要も出て来ます。よってある程度これらのことを見越して資金を準備しておく必要もあります。
もしこのことでこれを放置しておくと空室に結び付くことになり家賃収入が期待した通りには入って来なくなります。従ってもし周辺のほぼ同じ環境の賃貸に比較してその家賃が高い場合には周辺の家賃に合わせる必要も出てきます。でなければ他の安い物件へ入居見込み者は移って行くことが考えられます。入居募集をかけるにも外装や内装、設備機器など魅力的でなければなかなか空室が埋まらないことにも繋がります。

アパート投資のリスクについては

地域が例えば大きな企業とか大学などの移転に伴って周辺環境が大きく変わるということも考えられます。鉄道駅においてはその便数とか電車利用での停車駅が変わるということもありますし、店舗の数が減ってしまうという状況も起こるかも知れません。そうなると地価の下落に結び付いたりして購入した価格よりも値下がりしてしまうということもあり得ます。
これでは滞納家賃が発生することに繋がるかもしれません。あと自然災害の影響というものがあります。特にハザードマップがあるような地域では場合によっては水害やがけ崩れ、高潮その他の被害で生活面や交通面で影響を受けることも考えられます。
融資を受けて不動産投資を始めた場合、金利が途中から上昇すると返済に困ることが生じるかも知れませんので、余裕のある返済計画を立てることが大切になります。

若いOLの方が住みやすいように設計されているので、入居率が99%を超える安心安定の不動産投資です。 アパートオーナーは魅力的だけど、アパート経営はリスクが高そう?土地代が高いのでは?そんなことはありません。 99%の入居率を誇る安定感の高いアパート経営が可能です! アパート全てが完成した後もあらゆるサポートをしております。 アパート投資しませんか