• このエントリーをはてなブックマークに追加

アパート投資に失敗する人の理由

老後の年金は近い将来保証されるものにはならないという懸念が世間一般では広まっています。そのため多くの人が資産運用に関心を持つようになりました。そんな資産運用の中でも特に近年注目されているのが不動産投資です。不動産投資で資産を増やす方法としてはアパート投資やマンション投資があります。マンションの一部屋、またはアパートをまるまる一棟購入し、部屋を賃貸として貸し出します。 そして入居した人の家賃を収入として得るのです。株やFXは上手くいけば大金が手に入りますが、リスクも高い資産運用です。そして膨大な知識が必要となります。一方、不動産投資は株価やFXほどの知識は必要ないですし、価値が大きく変動することが無いので常に動向を気にする必要もありません、初心者でも始めやすい資産運用の一つです。

なにもしないまま物件を放置した

しかし、資産運用には必ずリスクも付きまといます。不動産運輸も例外ではありません。実際にアパート経営をして資産を増やそうとしたものの、上手くいかずに失敗して購入した物件を手放す人も数えきれないほどいます。アパート投資など、不動産投資で失敗する人にはいくつかの共通する理由があります。 一つ目の理由としては購入すれば必ず収入を得ることが出来ると勘違いしていることです。確かに株やFXに比べれば常に動向を気にする必要はありませんが、自分の物件の周りの環境は変化しています。不動産投資最大のリスクは空き室が続くことです。空き室が出ないように、また空き室が出たら少しでも早く解決するように具体的な対策を常にとることが必要です。適切な対策が取れないままだと収入が無くなり、物件を購入した際に組んだローンが返済できなくなります。

そもそも購入する物件を間違えている

もう一つ、失敗する理由として考えられるのは、そもそも購入した物件が利益が出るものではなかったというものです。特に不動産投資を始めたころはそれほど資金が無い場合も多いでしょう。そこで高額な都市部の物件よりもついつい手ごろな価格の地方物件に手を出してしまいがちです。 しかし、不動産の価値というのは正直なもので、地方の物件がどうして安いのかというと、資産としての価値があまり無いからなのです。 そもそも地方には都市部と比べると圧倒的に人が居ません。安く物件を購入したとしても賃貸を借りることを検討している人にすらなかなか出会えないという可能性も十分考えられます。いくら安い物件だったとしても入居者が無く家賃収入が無ければ収入はゼロです。結局ローンの返済が出来なくなり、物件を手放すハメになるのです。