• このエントリーをはてなブックマークに追加

徹底解説!アパート投資がなぜ節税になるのか

アパート投資など、不動産投資によってお金が動いた場合、必ず確定申告を行う必要があります。不動産投資は簡単に言えば自分で事業を立ち上げて自営業をしているようなものだからです。 確定申告は普段年末調整によって総務が自動的に行ってくれているサラリーマンの人にとってはなじみが薄いものかもしれませんが、アパート投資など、不動産投資を行う上では避けては通れない部分です。 不動産投資をする場合は家賃収入などの収入の外に維持管理費や物件に入居者を募るための広告費など、色々と計算しなければいけない物があって確定申告を行うのは大変ですが、出来るだけ正確に計算しましょう。 不動産投資をすることによって場合によっては節税になることもあるため、申告漏れが無いようにしておきましょう。

不動産投資にはさまざまな経費がかかる

よく資産家は不動産投資をして税金対策をしていると言われます。それは不動産投資をすることによって税金が控除されるような仕組みになっているからです。 では、どうして不動産投資が節税になるのでしょうか。例えばサラリーマンの人は毎月の給料から所得税や住民税があらかじめ差し引かれて、差し引かれた分を手取りの給料として受け取っています。 いくらかの控除はあるものの、基本的には元々の給料から差し引かれて受け取ることになります。 不動産投資は先ほどと書いたように個人事業をやっているのと同じです。ですから収益の外にもろもろの経費がかかります。不動産投資の際にかかる税金というのは収益から、この必要とされている経費を差し引いた分を計上されるというわけです。 ちなみに確定申告は黒字の場合も赤字の場合も行う必要があります。

不動産投資が節税になるカラクリ

不動産からの収益と必要経費を計算して黒字だった場合は黒字分に対しての税金が発生します。しかし不動産投資の際の経費は光熱費や修繕費などの管理費用や固定資産税、減価償却費用、借り入れの際に発生した金利など多岐にわたります。これらの必要経費を計算すると家賃収入によって得られた利益を上回ることも多々あります。 計算上で赤字になった場合は、マンションやアパートの運営、つまり不動産投資における税金は一切かかりません。そしてそれだけではなく、赤字の分はサラリーマンの人であれば給料から差し引かれた税金にも適用されます。 つまり給料にかけられていた所得税や住民税が控除されるというわけです。これが不動産投資が節税になると言われている理由です。 しかし、不動産投資の経費の中で必要経費として認められるもの、認められないものの判断は素人にはなかなか難しいです。場合によっては税理士や会計士など、第三者に判断を仰ぐことも必要です。