• このエントリーをはてなブックマークに追加

金利は高くない?アパート投資

アパート投資では、数千万円というお金を借りることになるので、金利がとても重要になります。人によっては、一括でアパートを購入してしまうという人もいるでしょう。一括で購入ができるなら、ローンの諸費用や利息を節約することができます。 5,000万円の物件を購入したいが、手元に4,500万円しかないという場合には、差額の500万円だけを借りればよいので、不動産投資ローンにこだわる必要はないでしょう。カードローンやフリーローンでも低金利で500万円程度のお金を借りられるというタイプの商品はあります。 借りる金額が500万円程度でも、やはり金利にはこだわっておくべきです。家賃収入に余裕があるので短期間で返済できるならよいですが、返済が長期になってしまうと利息はそれなりになります。

不動産投資ローンの金利の相場は?

不動産投資ローンはアパートローンという名前がつけられていることもあります。銀行によって商品の名前はさまざまです。どこの銀行で借りても条件は同じになると考えている人もいますが、どこの銀行で借りるのかによって借入可能額、返済期間、年利などの条件が異なってくることもあるので金融機関選びはしっかりと行いましょう。 実際に仮審査に申込みをして、その結果を見て一番条件が良いところに申込みをするということもおすすめができます。銀行の不動産投資ローンなら年利1.0%~5.0%くらいが相場になっているようですが、属性や借入希望額などによって異なってきます。信販会社や消費者金融で借りると金利は高めになるので注意をしておきましょう。アパート投資では利息が最も高額なコストになることもあります。

アパート投資のコストは利息によって変わる

アパート・マンション経営のコストとしては、管理費・メンテナンス費、修繕費、ローンの利息、固定資産税・都市計画税などとなっています。毎年かかってくるコストもそれなりに高額になるので、家賃収入で十分にまかなえるかしっかりと確認しておきましょう。 ローンの利息については元本と一緒に請求がされてくるので、気づきにくいですが、これも高額なコストとなっています。積極的に繰り上げ返済をすることで節約をすることができるコストです。 築年数が経過すると修繕費が高額になっていきます。物件が古くなれば家賃を下げなければ入居者が入らなくなります。場合によってはリフォームなども必要になるので、築年数が20年を超えてくるあたりではローンは完済しておきたいところです。余裕のあるプランをたてて早期完済を目指しましょう。